沿革

マピオンの歴史

1994年
凸版印刷株式会社内で、地図情報と店舗広告を連動させたインターネットサービス検討開始
1996年
凸版印刷株式会社と日本電信電話株式会社(NTT)の共同プロジェクト「インターネット・マーケット・モール」開始
日本初のインターネット地図検索サービス開始
1997年
凸版印刷株式会社とNTTの共同出資により、マピオンの前身である「株式会社サイバーマップ・ジャパン」設立
Web地図サービス「マピオン」開始
1998年
Web地図上に店舗広告を掲載し配信するモデルが、日本初のビジネスモデル特許として特許庁より登録認可を受ける
株式会社電通、ヤフー株式会社、シャープ株式会社、株式会社アルプス社が資本参加
1999年
地図データを株式会社アルプス社が提供するデータに切り替え
2001年
NTTdocomoのiモードで、携帯電話向け地図検索サービス「地図iマピオン」開始
2004年
宿泊施設・トラベル情報検索サービス「マピオントラベル」開始
2005年
3キャリア対応の携帯電話向け地図検索サービス「マピオンモバイル」開始
2006年
「マピオン」で距離測定サービス「キョリ測」ベータ版開始
2007 年
位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」300 国でサービス開始
2008年
位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」600 国にリニューアル
ISMS 認証取得
2009年
社名を「株式会社マピオン」に変更
PC 版「マピオン」のリニューアルに伴い、株式会社ゼンリンが提供
する地図データに切り替え
「マピオン」の地図がグッドデザイン賞受賞
2010年
「地図マピオン」をスマートフォン向けAndroid アプリで提供開始
地図データの毎日更新を開始
2011年
原発避難地図、トラック通行情報等の東日本大震災関連サービス開始
日本全国で、日の出と日の入の時刻や方角が示せる「日の出日の入マピオン」アプリ開始
2012年
津波の到達点に桜を植樹し、後世に継げる陸前高田の「認定特定非営
利活動法人 桜ライン311」の取り組みへの支援開始
スマートフォン向けiOS アプリ「地図マピオン」を開始
2013年
「ケータイ国盗り合戦・鷹狩り」サービス開始(6,000 空)
2014年
マピオンロゴを現在のロゴに変更
企業スローガン「ココロも、カラダも、動かすマピオン」を制定
2015年
事業連携強化に伴い、凸版印刷株式会社の完全子会社化
位置情報可視化分析ツール「loghouse」開始
位置情報を用いたスタンプラリーサービス「スタンプラリーコレクション(プラコレ)」開始