プライバシーポリシー

株式会社マピオン プライバシーポリシー

株式会社マピオン(以下、当社)は、位置情報を活用したサービスを提供する先進企業として、お客様に安心して当社の位置情報サービスをご利用いただけるよう、サービスを通じて取得するお客様の個人情報の管理には細心の注意を払います。
お客様の権利利益を保護するために個人情報を安全に管理することは、当社の事業活動の基本であるとともに、当社の社会的責務であると考えております。
そのため、当社は、当社がお客様に関する個人情報をどのように取り扱うかについて規定するプライバシーポリシーを定めます。

1.法令等の遵守
当社は、個人情報を扱う際に、個人情報の保護に関する国内法令、ガイドラインその他の規範を遵守します。
2.個人情報取得及び利用目的
当社は、お客さまからのお問合せに対してお答えをする目的で、氏名、ハンドルネーム、メールアドレスの情報を提供していただく場合があります。
その他の場合において、当社は、個人情報をお預かりするにあたり、予め利用目的を特定し、通知または公表した上で、公正かつ適正な手段で取得します。また、お預かりした個人情報は、特定した利用目的の達成のために必要な範囲において利用致します。
3.個人情報の安全管理処置
当社は、お預かりした個人情報の漏えい、滅失または毀損を防止するため、必要かつ適切な措置を講じる手順を確立し、維持します。
4.個人情報の第三者への提供
当社は、お客様本人の同意がない限り、法令の規定または司法手続きに基づく要請による場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。
5.個人情報の取扱いに関する外部委託
当社は、個人情報の取扱いを委託することがありますが、個々のサービスの利用目的の範囲を超え、個人情報を使用させることはありません。
6.個人情報を提供することへの任意性について
個人情報の取得にあたっては、お客様ご自身による任意性がありますが、必要な情報をご提供いただけないことによりサービス等に支障を生じる場合があります。
7.本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得について

●クッキー等の情報取得について
当社は、サービス提供にあたり、以下の目的のため、端末情報、閲覧・検索等の履歴情報、位置情報、クッキー(※1)、フィンガープリント(※2)等を自動取得しますが、これらの情報には個人を特定する情報は含まれておらず、また、当社がこれらを個人を特定する目的で利用することはありません。
・ユーザーの利便性向上のため(ログインセッションの保持など)
・本サービスの維持改善や新規サービスの検討のため
・個人を識別できないよう加工した上で、統計データとしてマーケティング情報やコンテンツとして二次利用するため

●情報収集ツール「Googleアナリティクス」の使用について
当社は、サービス提供にあたり、その利用状況を把握し、サービス内容の改善を図るために、Google社が提供するGoogleアナリティクスを利用しています。Googleアナリティクスは、クッキー情報を利用して、本サービスへのアクセス情報などの履歴情報を収集します。これにより当社は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢層、性別、興味や関心など)を基に、本サービスの利用者の特性情報(年齢層、性別、興味や関心など)を知ることが可能となります。
ただし、このデータに個人を特定する情報は含まれておらず、また、当社がこれとは別に本人から同意を得て個人情報を取得した場合であっても、履歴情報や特性情報を当該個人情報と組み合わせることは致しません。
アクセス情報の収集方法および利用方法については、Googleアナリティクスサービス利用規約およびGoogleプライバシーポリシーによって定められています。Google アナリティクスによる情報収集を拒否したい場合には、Google社が提供するオプトアウトページよりオプトアウトをすることが可能です。

8.個人情報の開示、訂正、停止などに関する問合せ窓口
登録いただいた個人情報に関し、開示・訂正・削除を希望される場合や、個人情報の取扱いに関する苦情および相談については、下記までお申し出ください。

株式会社マピオン
〒108-0023 東京都港区芝浦3-19-26 トッパン芝浦ビル
マピオン情報セキュリティ管理責任者

お問い合わせメールはこちらになります。

株式会社マピオン
代表取締役社長 中尾 光宏

制定:2017年10月1日

※1「クッキー」は、PC 等に一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みであり、典型的には識別番号を書き込むことで、利用者や端末を識別するために用いられることが多いものです。

※2「フィンガープリント」は、ユーザーの利便性向上を目的として、ブラウザの種類、画面解像度、フォントなどの情報を収集し、未ログイン時においても端末を識別できるようにする仕組みです。JavaScriptをオフにすると拒否することができますが、JavaScriptオフの状態では多くのサービスが利用できなくなります。