メンバー紹介

手を挙げれば思いを汲み取り
チャレンジさせてくれる
風土がある

池本聡
プロジェクトマネージャー

——マピオン入社までの経緯を教えてください。

前職はソフトウェア開発会社の SE で、ファームウェア開発から Windows アプリケーション、Web システムなど幅広く仕事をしていました。その中で Web の技術が一番先進的で面白いなと感じていました。

実は前職でマピオンがクライアントというプロジェクトに関わったのが転職のきっかけなのですが、実際にマピオンの技術力や社内の雰囲気に触れてみて、新しい技術を取り入れるチャレンジ精神や、職種に関係なく社員一人ひとりの意識の高さを感じた時に「自分もここで働いてみたい」という気持ちになったことを憶えています。

また以前はお客様の会社に常駐という勤務形態が主だったのですが、離れた場所で作業していると社員同士の関係が希薄になってしまいがちでした。その点マピオンは自社でサービス開発しているため、働いている社員同士の距離が近いということも強く惹かれた理由のひとつかもしれません。

——入社からこれまでのキャリアは?

主に法人事業部でサーバサイドの開発やメンテナンスを行ってきました。

入社当初は前職までの経験を生かし、色々な企業の店舗検索サイトなどの Javaプログラムの開発や、データベースの保守、サーバのメンテナンスを主に行いました。

その後「新しい技術に挑戦したい」という要望を聞いてもらい、Ruby on Rails での Web システム開発や Swift で多言語地図などの iOS アプリ開発なども行いました。また「新しい領域に挑戦したい」という要望も聞いてもらい、プロジェクト管理や営業などの分野も担当しました。

マピオンには、手を挙げれば思いを汲み取りチャレンジさせてくれる風土があるんだなということを実感しましたね。

——これまでの業務で難しさを感じた時のことを教えて下さい。

最初の頃は、マピオンにある様々なシステムを理解することが大変でした。

実際に業務をこなしながらなので理解のスピードは少しずつでしたが、親身になって教えてくれる方ばかりなので、安心でした。業務に慣れてくると仕事も多くなり、割り込み作業などで自分のタスク調整がうまく行かず、作業が溢れ返ってしまうこともありましたが、その時は周囲の人が自発的に私の作業を手伝ってくれて、乗り越えることが出来ました。これは普段からコミュニケーションを取っていて、必要に応じて助け合うというチームワークが形成されていないとなかなか実現しないことだなと感じました。

また、分からないことがあったとしても、知識を持っている人にはたとえ部署を跨いででも話を聞きに行ける、という和やかな雰囲気がありました。それもいろいろな困難を乗り越えられた理由のひとつですね。

——今後の夢(展望)を教えてください。

今までマピオンは地図サービスを提供する会社として発展してきたという経緯がありますが、個人的にマピオンの本当の強みは「地図」そのものではなく、それを作り支え続けてきた「社員」だと思っています。これからも「地図」から生まれるいろいろな体験を、今いる社員たちと一緒に世の中に還元していけると良いですね。

今後、会社だけでなくインターネットを取り巻く状況もどう変化していくか予測が難しいですが、どんな世の中に変わったとしても、マピオンのコアとなる技術やマインドを見極め、それらを活かして、マピオンがさらなる発展を遂げるためにあらゆる挑戦をしていきたいと考えています。

メンバー紹介