メンバー紹介

エンドユーザーへ
継続的に「価値」を届けられる
エンジニアになる

㆗村浩士
エンジニア

——前職ではどのようなことをやっていて、マピオンに入社しようと思った動機は何ですか?

前職は金融系のユーザー系情報システム子会社にSEとして入社し、メインフレームで稼働する基幹システムの運用・保守に関わる部署で働いておりました。数十年稼働している中核システムで規模も大きいため、保守の難しさと共に責任感も強く感じながらやりがいを持って働いておりました。ただ、新しい技術を習得しエンジニアとしての技術力を日々向上させていく、といった当初イメージしていたエンジニア像とのギャップを感じたことで転職を決意しました。

マピオンで働きたいと思った点は、技術動向の流れが早いWeb系のサービス開発に携わることで日々新しい技術や知識に触れることができエンジニアとしての技術力を伸ばせると思ったことと、当時興味を持って独学していたFlash実装の経験をWebサービス開発の中で活かせると感じたことです。

——マピオンに入社してから、これまでの経験や、(携わってきたサービスなど)今の担当業務を教えてください。

入社直後はコンシューマー向けWebサービスの開発部に所属し、HTML, CSS, JavaScriptを用いたWebページの実装を主に行いました。

Webページ上でフリースクロール地図を表示するJavaScriptライブラリを担当し、複数チームのエンジニアとやり取りをしながらライブラリの運用・保守を行う業務も経験しました。

JavaScript地図ライブラリを担当していた経験を活かし、当時リリースされたばかりのFlash上で動くプログラミング言語「ActionScript3.0」に地図ライブラリを移植し「全画面地図」や「超印刷」、「地図ガキ」といったサービス開発に携わりました。

——仕事をしている中で、大変だったことはどんなことですか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

「地図ガキ」というサービスの初期リリース開発プロジェクトで少し大変な経験をしました。

当時はまだWebフロントエンドの経験しか積んでおらず、Webサーバやデータベースの構築ノウハウは独学程度しか持っていませんでしたが、実験的なラボサービスの開発ということでバックエンドまでの実装を任せてもらうことが出来ました。なんとかスケジュールに間に合わせる形で開発を完了しましたが、まだまだ経験が浅かったこともあり、リリースした直後にサーバーの負荷がはね上がりサービスが不安定な状態になってしまいました。リリース直後ということで慌てていたところ、上司のエンジニアの方が「コードを見てみたけど、あの実装は処理負荷が大きくなってしまうから修正したほうが良い」ということをすぐ指摘してもらえました。指摘は的確で、その修正を行うことでサーバー負荷は落ち着き事なきを得ることができました。

自力で問題を乗り越えたという話ではないのですが、その当時経験の浅かった技術領域で失敗を経験したことで幅広く興味を持ってその後の技術習得に取り組めるようになったことと、コードをしっかりと読んで理論的に他エンジニアとコミュニケーションをとれることの重要さを学んだと感じています。特に後者は現在チームリーダーをやらせてもらっている中で強く活きていると考えています。

——今後の夢(展望)は何ですか?

エンドユーザーへ継続的に「価値」を届けられるエンジニアになること、もしくはそういったエンジニア組織の一員になることです。「価値」とは例えば「マピオンのサービスを使ってこんな便利なことが出来た!」や「楽しい!」といったユーザー体験などがあると考えています。その「価値」を届けるためにエンジニアとして出来ることや「技術」を身につけて日々精進したいと考えています。

メンバー紹介